日本のマナーとルールの4コマ漫画を多言語で配信 マナルル

漫画家浜田ブリトニー氏によるマナルル制作の記者会見について

2020/12/03

    2020年9月24日、タレント兼漫画家の浜田ブリトニー氏、ReeBen Corporation、株式会社ヒューマニック(小田急グループ)はマナルル制作に関する共同の記者会見を実施いたしました。

     

    【サイトリリースの背景】
    日本独自のマナーやルールを外国人旅行者や日本で生活をする外国人に漫画やアニメで分かりやすく伝え、少しでも日本の観光や生活を楽しんでもらう事を目的にマナルルをリリースさせた。
    キャラクターや漫画の制作はタレントとしても活躍中の浜田ブリトニー氏が手掛け、多言語化は日本独特の言葉遣いやニュアンスが外国人に伝わるように株式会社ヒューマニックの外国人材が翻訳をしている。

     

    左から順に、浜田ブリトニー、大木凡人、いわみん、手代木りん(敬称略)

     

    【タケちゃんのお絵描き体操】
    記者会見では「タケちゃんのお絵描きソング」を流し、お絵描き体操を披露した。また、数々のテレビ番組の司会を務めた大木凡人氏が登場し、お絵描き体操に関し「2歳から100歳以上のお年寄りまで楽しみながら体を動かせて最高」と自身も身体を動かしながら感想を述べた。