日本の観光情報とマナールールを4コマ漫画で配信 マナルル

【沖縄】見て・遊んで・食べてが100点満点!~トロピカルアイランド宮古島~

2021/04/16

沖縄屈指の観光地『宮古島』 沖縄の離島の中でも1、2を争うほど人気な観光地「宮古島」。宮古島のすぐ近くには、池間島・大神島・伊良部島・下地島・来間島があり、6つの島を合わせて宮古列島と呼ばれています。宮古島と他の島々とは […]

    沖縄屈指の観光地『宮古島』

    沖縄の離島の中でも1、2を争うほど人気な観光地「宮古島」。宮古島のすぐ近くには、池間島・大神島・伊良部島・下地島・来間島があり、6つの島を合わせて宮古列島と呼ばれています。宮古島と他の島々とは橋で繋がっているため、簡単に行き来することができますが、パワースポットでも有名な大神島だけは船でないと行けません。また、島々は離れていますが6つの島すべてが宮古島市に属しているんですね。

     

    宮古島は那覇からおよそ300㎞南西に位置しており、気候は温暖で平均気温は約23℃、平均湿度は約80%。これぞ、南の島という気候です☆沖縄の離島では珍しく、川がなく大きな山もないのが特徴です。島一番の魅力であるビーチは透き通るほど美しく、海のレジャーを目的に多くの観光客が訪れます。その自然の美しさに感動して、宮古島に何度も訪れる人はたくさんいます。宮古島LOVE

     

    宮古島に行くにはフェリーは運航していないので、那覇空港などから飛行機を利用しなければなりません。また、南国を代表する果実のマンゴーやバナナなどは島のあちこちで食べることができますし、美味しい宮古島の泡盛も味わうことができます。南国の楽しいと美味しいが同時に満喫できる場所、それが「宮古島」です!

     

    美しすぎるビーチ!?『与那覇前浜(よなはまえはま)』

    東洋一美しいビーチと言われる「与那覇前浜(よなはまえはま)」。約7㎞に渡って続く白い砂浜と透明度の高い海のコントラストはまさに絶景!宮古島に来たら必ず訪れてほしいビーチの一つです☆昼間の青い空との景色もきれいですが、サンセットも超絶きれい!絵にかいたような景気が目の前に広がり、思わず見とれてしまいますよ(*´ω`*)砂浜からのんびり景色を眺めるだけで心が満たされていく~

     

    『島尻マングローブ林』で島の生態系を知ろう!

    宮古島最大のマングローブの群生地「島尻マングローブ林」。整備された遊歩道があるので、ゆっくり歩きながらマングローブ林を散策することができます。亜熱帯地域だからこそ作り出される独特の風景の中にいると、とてもゆっくりとした時間が流れているように感じます。これぞ沖縄タイム・・・☆またカニなど、島ならではの生物も観察できるので、子どもも十分楽しめます!

     

    下地島パイロット訓練飛行場で最高の1枚を撮ろう

    下地空港は国内で唯一のパイロット訓練飛行場としての役割を担っています。間近で訓練飛行が見られるとあって、飛行機好きには結構有名なスポット☆天候により訓練状況は変わりますが、天候に恵まれれば一日中飛行機のタッチアンドゴーが見られます。その轟音は迫力満点!青い空と透き通る海の間を飛行する姿を是非写真に収めてくださいね。間違いなくSNS映えですよ~(≧▽≦)

     

    絶景スポット『東平安名崎(ひがしへんなざき)』

    宮古島の最東端にある絶景が見られる「東平安名崎(ひがしへんなざき)」。約2㎞ほど細長く突き出た面白い地形になっており、先端部分に灯台が立っています。見渡す限りの空と海との壮大な景色は感動感激☆国の名勝に指定されたほどの美しさは、どこを撮っても写真映え!ただ、周辺には何もないので強風です。気を付けて行ってくださいね!それと、できれば灯台に上って景色を見て下さい。感動倍増です。 灯台入場料:200円

     

    これぞ島の味『宮古そば』

    沖縄の郷土料理の代名詞でもある沖縄そば!もちろん宮古島にも沖縄そばはあります。その名も「宮古そば」。麺は平麺でスープはあっさりしています。他の地域と決定的な違いは具を麺の下に隠すという事!具を温めるためとか、具の大きさでケンカしないようになど理由は諸説あるようです。島内のお店ではこのような昔ながらの盛り付け方をしているところもあるそうですよ!

     

    宮古島に伝わる『パーントゥ祭り』とは?

    宮古島に伝わる悪霊払いのお祭り「パーントゥ祭り」。パーントゥとは、「パーン(食べる)」と「ピトゥ(人)」という単語が訛って生まれた言葉で、宮古島の方言で鬼や妖怪という意味だとか。祭りではパーントゥに扮した青年が、仮面をつけ全身に蔓(つる)と泥を塗りたくって町を練り歩きます。その泥をつけられることで厄払いの効果があるため、町中ではパーントゥとの追いかけっこが繰り広げられます。

     

    パーントゥは容赦がないので、子どもであろうと何であろうと泥だらけにするそうです。新築の家にもお邪魔して家中泥だらけにしてしまうそう( ゚Д゚)お祭りの趣旨を理解していない観光客は何事かと思うでしょうが、これは宮古島に伝わる神聖なお祭りです。この時期に宮古島に行く人は泥だらけ覚悟で行ってくださいね~!

     

    日本一長い橋『伊良部大橋』

    宮古島と伊良部島を結ぶ橋「伊良部大橋」。無料で渡れる橋として日本一の長さを誇ります。実にその長さ3,540m!!橋の左右は見渡す限りコバルトブルーの美しい海。爽快なその景色は絶対に見ておくべきおすすめの場所!橋の途中で車を停められる所があるので、そこからお気に入りの一枚をゲットしてくださいね。ちなみに、自転車でも渡ることができるので、車移動をしない人でも楽しめますよ!

     

    ハブがいない!?

    沖縄の危険な生物と言えば真っ先に思い浮かべるのが ハブですよね。実は宮古島にはハブがいません。その大きな理由としては、宮古島の土がアルカリ性だからだそうです。ハブは酸性の土壌を好むので、宮古島に連れてこられてもすぐに死んでしまうんだとか。もう一つの理由として、大昔に宮古島が水没した時に生物が全滅したという有力な説もあります。いずれにしても、猛毒なハブがいないので安心して旅が出来そうですね☆

     

    昔から愛される宮古島のおすすめスイーツ

    1960~70年代に島の菓子職人が本島に出向き学んだといわれる「バナナケーキ」。今でも、祝い事の席には必ずバナナケーキがあるほど、宮古島ではポピュラーなスイーツ。バナナケーキの代名詞とも言える島の洋菓子店モンテドール。ここのバナナケーキはお土産の定番商品としてとても人気です。素朴で飽きがこない味は万人受けする一品♪

     

    宮古島を代表するご当地パン「うずまきパン」。ふわふわの生地と砂糖のシャリシャリ感が残るクリームが特徴的な甘~いパンです。うずまきパンは島のお店で購入できますが、実は富士製菓製パンのうずまきパンには「でかうずまきパン」なるものがあるんです。その重さ何と700g!?さらに特大サイズのうずまきパンは1.4㎏もあるんです(゚Д゚;)空港の売店で購入できますが、売り切れることも。お腹も心も満腹にしてくれる美味しいパン、絶対ゲットしてくださいね☆

     

    もう一つおすすめなのが、宮古島の誰もが知る銘菓「久松五勇士」。久松五勇士とは日露戦争時、ロシアのバルチック艦隊を宮古島近海に発見した5人の漁師のことを言います。彼らは通信施設のない宮古島から石垣島まで15時間、170㎞の距離を力漕し、命がけでこの事実を伝え、日本戦史上の大任を成し遂げた英雄たちです。このお菓子はその功績を称えて作られました。宮古島の黒糖の味がしっかりと感じられるバームクーヘンと中に入ったクリームが絶妙なお菓子です。お土産にピッタリです☆

     

    可愛い・美味しい・うれしい・お土産『雪塩シリーズ』

    特殊な製法で作られた宮古島の塩、雪塩。一般の塩に比べ、マグネシウム、カルシウム、カリウムがずば抜けて高いのが特徴です。宮古島にはその雪塩を使ったお菓子がたくさんあります。中でも見た目が可愛い「雪塩ふわわ」は、お土産にピッタリ。サクサクふわふわした食感で次から次へと手が伸びてしまう美味しさ。商品自体も軽いので持ち運びにもGoodですよ~☆

     

    当然「雪塩」も購入できるので、料理好きな人は自分用にゲットしてみてはいかがでしょうか?いつもの料理がグッと美味しくなりそうですよね!また、ミネラルが豊富な雪塩の特徴を活かしたスキンケア商品「ミネラルソルトホームスパ」は添加物など一切不使用。成分にこだわる方におすすめの商品です☆

     

    最後にお勧めしたいのが「雪塩バウムクーヘン」。この商品は宮古島の直営店でしか購入できない限定スイーツ☆定番のソフトタイプとしっかり焼き上げられたハードタイプの2種類があります。バウムクーヘン好きは、もちろん2種類購入しちゃいますよね~。塩のしょっぱさが甘さを更に引き立たせる無限に食べられるスイーツです( *´艸`)

     

    市民の味方!あたらす市場

    島の名物や農産物が安く買える「あたらす市場」。マンゴーなどのフルーツはもちろん、新鮮な野菜も揃っています。広いお店の中にはお土産コーナーもあるので、楽しくショッピングができます。宮古島空港から近い場所にあるので、旅のはじめにここでお惣菜やお弁当を買って出発するのもいいかもしれませんね!ちなみに、「あたらす」という言葉は宮古の方言で「愛おしい」という意味だそうです☆なんだか素敵ですよね~

     

    宮古島と言えば『ダイビング』でしょうっ!

    宮古島の旅の目的第一位と言っても過言ではない海のレジャー「ダイビング」!まず、島にはたくさんのダイビングショップがあるので、料金やツアー内容など自分にあったところを選びましょう!また、島には多くのダイビングポイントがあり、見られる生物や地形が違ってどれも魅力的☆時間に余裕のある人は時間の許す限りポイントを変えて楽しんでみて下さい☆条件が合えば透明度30~40mにもなるそうなので、本当にここでしか味わえない海の世界を体験してくださいね。

     

    ☆星空観賞ナイトツアーで夜も楽しもう☆

    夜も充実させたいあなたにとっておきなのが、星空観賞ナイトツアー☆周りには遮るものがなくただただ満点の星空が輝く光景は、忘れられない旅の思い出になります!星空観賞とヤシガニやホタルなどの探索を一緒に楽しめるツアーもあるので、お子さまも満足できます。また、難しい星空の写真撮影をプロにお任せできるオプションもあるみたいですよ!宮古島の自然は1日中私たちを感動させてくれますね~(*ノωノ)

     

    観光に役立つ情報

    宮古島空港に到着したら、空港内1階にある観光案内所で情報収集をしてみてください。各種パンフレットのほかに、レンタカーの予約などのサービスがあります。また、地元のグルメ情報なども教えてくれるみたいなので、時間があれば立ち寄ってみてください☆

     

     

    ライター:Tana
    【写真提供】
    宮古島観光協会

    モンテドール
    (有)富士製菓製パン(うずまきパン)
    株式会社パラダイスプラン(雪塩シリーズ)
    あたらす市場


     

[登場人物・あらすじ]