日本の観光情報とマナールールを4コマ漫画で配信 マナルル

【香川】瀬戸内海に浮かぶ楽園☆小豆島☆

2021/04/20

今話題の『小豆島』の謎に迫る! 「小豆島」・・・「あずきじま」と読んだ人はいませんか?「小豆」は「あずき」と読みますから、間違う人もいますよね。実際に鎌倉時代より前は「あずきじま」と読んでいたそうなので、あながち間違って […]

    今話題の『小豆島』の謎に迫る!

    「小豆島」・・・「あずきじま」と読んだ人はいませんか?「小豆」は「あずき」と読みますから、間違う人もいますよね。実際に鎌倉時代より前は「あずきじま」と読んでいたそうなので、あながち間違ってはいません。が、現在では「しょうどしま」と読んでいます。香川県小豆島は瀬戸内海で2番目に大きな島で、人口は約28,000人、醤油やオリーブなどの産業が盛んです。

     

    島から見える瀬戸内の青い海と空がとても美しく、それは訪れた人を一瞬で虜にしてしまうほどの迫力!年間の降水量が少ないので晴れの日が多く、観光にはうってつけの場所です。また、小豆島の自然は、朝夕でまるで違う景色を見せてくれるので、良い意味で期待を裏切られる魅力的な島です。旅から帰るころには小豆島の大ファンになっていますよ!

     

    小豆島へのアクセスはというと、どの方面から行くにせよ、フェリーに乗らなければいけません。到着する港も乗船する港により行き先が違うので、それも踏まえて観光ルートを決めておくといいでしょう。車を乗せられるフェリーもあるので、マイカー観光もできますよ!

     

    絶景!『寒霞渓(かんかけい)』

    日本三大渓谷美の一つ「寒霞渓」。約1,300万年前の火山活動によって出来上がった、奇岩と崖地は一見の価値あり!山頂まではロープウェイで行くことができ、乗車中の景色は360度絶景っ!!小豆島に来たのなら一番最初に行っておきたい観光スポット!山頂の展望台からの景色は、絶対に忘れられない思い出になりますよ。 ロープウェイ往復料金:1,890円

     

    また、山頂では絶景をみながら食事ができるレストランがあり、「オリーブ牛コロッケバーガー」や「もみじサイダー」などの寒霞渓限定グルメを食べることができます。オープンデッキでは季節限定でBBQも楽しめます。お土産ショップも併設してあり、ここでしか買えないグッズも見逃せないところ☆

     

    ミステリー!あり得ない場所に大きな岩!?『小瀬の重岩(こせのかさねいわ)』

    なぜこんなところにこんなに大きな岩が重なり合ってるの?と、誰しもが首をかしげる「重岩」。落ちそうで落ちない絶妙なバランス。なぜこうなったのか地元の人でも理由は分からないとか・・・ミステリー??パワースポットとしても有名で、この場所は自然のエネルギーを感じられる場所として人気があります。あるんですが・・・

     

    重岩を見るまでの道のりがハード!ちょっと観光気分でふらっと立ち寄る気軽さは到底ありません。運動部の強化合宿レベルにハードです。まず、小瀬石鎚神社駐車場から、ひたすら長~い階段を登り続けます。その先に神社があり、そこから断崖絶壁をロープを頼りに登っていく。その苦労の先にようやく拝める「重岩」。100%の達成感と充実感を味わえる場所です。登り切ったあとの景色は最高ですよ。

     

    道の駅 『小豆島 オリーブ公園』

    小豆島とオリーブの歴史を知れるテーマパーク「小豆島オリーブ公園」。オリーブ記念館などの施設のほかに、温泉やレストランなどがあり一日中楽しめる場所として人気です。その中でも海が見渡せる丘の上に建つ「白い風車」は絶好のインスタスポット!この風車の目の前でほうきにまたがってジャンプっ!まるで魔女の宅急便のキキになったかのような写真が撮れます☆100%インスタ映え。ちなみにほうきは無料で借りられます◎

     

    潮が引いた時にだけ現れる道☆エンジェルロード

    「恋人の聖地」としても有名な「エンジェルロード」。1日2回の潮が引いた時だけに現れる道を、大切な人と手をつないで歩いたら、天使が舞い降りてきて願いを叶えてくれる。もう、キュンキュンですよ、キュンキュン昼間の天気のいいときの見晴らしも最高だし、ライトアップされた夜景も最高!どちらにしても、素敵な写真が撮れそうですね!あなたにも天使が舞い降りて願いが叶いますように☆

     

    これぞ郷土料理☆小豆島手延素麺

    小豆島の人々が「手延素麺」を作り始めたは約400年前。ある島民が奈良県を訪れた際に、素麺の作り方を学び、島にその技術を持ち帰ったのが始まりだとか。素麺に必要な小麦、塩、ごま油が豊富にとれる気候と相まって、素麺作りが一気に広まったようです。昔から変わらない製法で作られる素麺は、日本三大素麺の一つとして愛されています。島内の飲食店で食べることができるほか、お土産としても購入することができます。つるつるとした喉ごしで、いくらでも食べられちゃいます!

     

    世界一狭い『土渕海峡(どふちかいきょう)』

    「土渕海峡」は小豆島と前島のある、世界で一番狭い海峡です。海峡とは「陸と陸との間に挟まれた、海が狭くなったところ」ですよね。土渕海峡の最小幅はなんと9.93m!ギネス記録にも認定されたほど狭いんです。一見普通の川にしか見えませんが、れっきとした海峡です。世界で一番幅の広いドレーク海峡の最小幅が650kmですから、その狭さは驚異的!

     

    伝統菓子『しょうゆあげせん島の味』

    昔から島民に愛されているお菓子「島の味」。ぼんち揚げのように揚げてあるので、食べ応えあり。醤油味がしっかりとしみてパクパク食べられます。昔ながらのデザインのパッケージは味があって、家族や友人など近しい人のお土産に最適!もっと買っておけばよかったと後悔しないように、いくつか購入しておきたい一品!

     

    病みつき!オリーブチップス

    可愛いオリーブのキャラクターが印象的なパッケージの「オリーブチップス」。オリーブ香草塩を使用しているので、香りがぐっと感じられるポテト。内容量は120gと普通のポテトチップスよりも多め◎食べだしたらあっという間になくなってしまう小豆島限定のスナックです。旅のお供に是非☆

     

    おすすめショップ

    福田港そばにある「春日堂小豆島福田港フェリー前店」。春日堂のプライベートブランド商品はもちろん、醤油や塩、手延べそうめんや佃煮など島内を代表する名物が購入できます。フェリー乗り場まですぐなので、お土産の買い忘れに重宝しそう◎旅の最後にここでゆっくりお買い物を楽しんでください☆

     

    井上誠耕園では約4,500本のオリーブと14種類の柑橘を育てています。その直営店「らしく」では、これらを使った化粧品や食品を購入することができます。商品もたくさんあり、自分好みのものが選べて楽しい空間。また、ショップ内は広くレストランや雑貨店などもあり、特に1階のパン屋さんのパンは絶品とのうわさ☆池田港から徒歩10分の距離でいけるのも嬉しいポイント。

     

    シーカヤックで無人島体験

    小豆島で人気のレジャー、シーカヤック。「小豆島ガイドツアーズ DREAMISLAND シーカヤックベース」では、シーカヤック体験、半日コースや1日コースが選べるほか、シーカヤックとキャンプがセットになったワクワクするプランなどが楽しめます。その日の天候やその人の体力を考慮して案内してくれるのも嬉しいところ☆ただし体験期間は4月~11月までとなるので要注意。  料金:8,000円(半日コース)

     

    おすすめオリーブ商品

    土庄港から徒歩10分の所にある庄八では、小豆島の素材を活かしたこだわりの商品が購入できます。中でもオリーブオイルを麺に練りこんだ「オリーブラーメン」は一押しのお土産商品。ツルツルとしたオリーブ麺はスープと相性バッチリ!海鮮、トマト、塩の3種類の味から選べ、迷ったら塩味がおすすめ☆

     

    春日堂から発売されている、チョコレートにオリーブの茶葉を練りこんだハート型の「クランチチョコレート」。ちょうどよい甘さとサクサクとした歯ごたえが人気の秘密コーヒーや紅茶好きの人に贈りたい小豆島定番のお菓子。同じく春日堂から発売されている「オリーブチョコレート」もシンプルで美味しい。どちらも、島内のお土産ショップで購入可能。

     

    観光に役立つ情報

    島内観光でバスを利用する人は1日乗車券がおすすめ。各主要施設で購入できるほか、バスの運転手さんから直接購入することもできるとか。ただし、便数は少ないのであらかじめ時刻表をゲットしておくことが大切!それと、島内の観光施設は17時で閉館するところもあるので、午後からの移動は注意が必要。目的の場所の閉館時間も事前にチェックしておこう!  バス1日乗車券:1,000円

     

     

    ライター:Tana
    【写真提供】
    寒霞渓ロープウェイ 小豆島総合開発㈱
    (有)谷元商会(オリーブポテトチップス)
    井上誠耕園「らしく」直営ショップmother’s
    庄八
    春日堂


     

[登場人物・あらすじ]