日本の観光情報とマナールールを4コマ漫画で配信 マナルル

【大阪】大阪のええとこ、こんなとこ!

2021/03/30

全部が叶う夢のまち、大阪 東京に次ぐ日本の大都市・大阪。通天閣や大阪城といった定番ルートを巡るもよし!お好み焼き、たこ焼き、串カツを食べつくす、食いだおれツアーに出るもよし!ユニバーサルスタジオジャパンや海遊館など、テー […]

    全部が叶う夢のまち、大阪

    東京に次ぐ日本の大都市・大阪。通天閣や大阪城といった定番ルートを巡るもよし!お好み焼き、たこ焼き、串カツを食べつくす、食いだおれツアーに出るもよし!ユニバーサルスタジオジャパンや海遊館など、テーマパークで楽しむもよし!あなたの「旅でやりたいこと」を全て叶えられるのが、ここ、大阪の魅力です。

     

    ユニバに行かなきゃ始まらない!

     

    大阪の有名な三文字のアルファベットと言ったら、そう!USJ(ユニバーサルスタジオジャパン)!現在は9つのエリアで構成されており、細部まで再現された魔法の世界「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター™」、可愛いキャラクターが大暴走する「ミニオン・パーク」、恐竜たちが生息するジャングル「ジュラシック・パーク」など、ハリウッド映画の世界がそのまんま体験できるテーマパークとして大人気です。 ※1デイパス 7,800円~(税込)

     

    ユニバのホラーナイトを攻略せよ!

    毎年9月から11月初旬にかけて行われるUSJのハロウィンイベント「ホラーナイト」では、18時を過ぎるとゾンビが出現!様々なゾンビやモンスターがパーク内を徘徊し始めます。出現するゾンビやショーの内容はエリア毎に異なるので、「推しゾンビ」がいる場合は、どこに出没するのか予習しておきましょう。ゾンビと一緒に写真撮影なんかも面白いかもしれませんよ!

     

    なにわのエッフェル塔『通天閣』

    天に通ずる高い建物という意味で名付けられた、新世界のシンボル・通天閣。なにわのエッフェル塔!とも言われるように、モデルはフランス・パリのエッフェル塔なんだとか。ここには、足の裏を撫でるとご利益があるといわれる神様、ビリケンさんがいることでも有名ですよね! ※通天閣展望料金 大人800円

     

    サメ界のアイドルに会いに行こう!『海遊館』

    旅の途中「なんだか無性に癒されたい!」と思ったら海遊館へ。まるで海底トンネルのような水槽には、色鮮やかな熱帯魚たち。銀河のようなま~るい水槽が並ぶエリアにはクラゲたち。そして大きく深い水槽には、サメ界のアイドル、ジンベエザメも!

     

    水の中を泳ぐ生きものたちを見ると、ものすご~く癒されませんか?海遊館では、生きものたちのお食事タイムも公開されています。公式サイトに予定表が掲載されていますので、チェックしてみてくださいね! ※入館料 大人2,400円

     

    幻想世界へ…夜の水族館『ナイト水族館』

    海遊館では、毎日17時から「夜の海」をテーマに「ナイト水族館」を開催しています。光と音の演出が、それはそれはロマンティック!ライトアップされた水槽はより一層青さを深め、ゆらゆらと泳ぐ魚たちが、幻想的な世界に誘います。昼間には見られない生きものたちの姿も見れちゃうかも…? ※入館料 大人2,400円

     

    そびえ立つシンボル大阪城

    街の中心にそびえ立つ大阪城天守閣。元は豊臣秀吉によって造られた城ですが、現在のものは徳川家によって再建されたもの。外観5層、内部8階建の歴史博物館になっています。城のある特別史跡大阪城公園内には、13棟の重要文化財を始めとする史跡が点在しています。 ※大阪城天守閣入場料 大人600円

     

    大阪の街を一望!『あべのハルカス』

    日本一高いビル、あべのハルカス。ビルの高層階には大阪マリオット都ホテル、低層階にはオフィスや商業施設、美術館が入る超高層複合商業ビルで、最上階・地上300メートルの展望台から見る景色は絶景!天気が良ければ、大阪の街はもちろん、京都から六甲山、明石海峡大橋から淡路島なんかも一望することができます。 ※展望台入場料 大人1,500円

     

    人々になが~く愛される商店街『天神橋筋商店街』

    実はまだある日本一。大阪天満宮のすぐそば「天神橋筋商店街」が、日本一なが~いアーケード商店街だってご存知でしたか?天神橋一丁目から天神橋七丁目まで続くその全長は、なんと2.6km!端から端まで歩くには、一時間弱かかるんだとか。

     

    昔ながらの飲食店、惣菜屋、衣料品店などが立ち並び、多くの人々に愛されています。アーケードがあるので雨の日のお買い物も安心。ランチや食べ歩きに出掛けてみるのも、楽しいかもしれません。

     

    驚きのルックスをしたパフェ『ソビノワ』

    「添加物なし」「天然」「オーガニック」といわれると、それだけでめちゃめちゃ体に良さそうな気がしませんか?食材にこだわったカフェ「ソビノワ」。ランチから楽しむことができるこのカフェ、実はフォトジェニックなスイーツがあるんです!それが、SNSでも話題のフルーツパフェ。季節によって使用されるフルーツは異なりますが、どーんとボリューミーな見た目は驚くこと間違いなし!

     

    プルプルの焼きたてチーズケーキ『りくろーおじさんの店』

    焼きたてチーズケーキが名物の「りくろーおじさんの店」。大阪にしか店舗がないので、焼きたてが食べられるのは大阪だけ!という非常にレアなスイーツなんです。プルプル揺れる柔らかいケーキを見ると、思わず自分も一緒にプルプルと揺れたくなってしまうかも!?

     

    たこ焼き+パティシエ=?

    「たこ焼き」と「パティシエ」を組み合わせたらどんな言葉になるでしょうか?正解は、「たこパティエ」。口に入れた瞬間はたこ焼き、でも後味はパイ。たこ焼きとパイを同時に味わっているような、不思議な感覚のスイーツです。一口サイズで食べやすいところもGOOD。個包装なのでお土産にも最適です。

     

    四角いお寿司って知ってる?『箱寿司』

    和食の代表格、お寿司。みなさんは四角いお寿司があることをご存じでしょうか?木製の型に海老や鯛、穴子などの具材をのせて押した押し寿司で、その名を「箱寿司」といいます。仕込みにかなり手間がかかることから、箱寿司を提供する店は減りつつありますが、今もなお、伝統は引き継がれています。

     

    全てがここで手に入る?!『大阪ステーションシティ』

    アパレル、コスメ、雑貨、キャラクターグッズ、お土産…全てここで手に入る!といっても過言ではない、JR大阪駅直結のスーパーすごい複合施設・大阪ステーションシティ。ここには、セレクトショップが多く並ぶファッションビル・ルクア、特選ブランドが入居する大丸梅田店、東急ハンズ、ポケモンセンターなどがあります。駅直結であっちこっち歩き回る必要がないのも、嬉しいポイントですよね。

     

    温泉で過去にタイムトリップ『空庭温泉 OSAKA BAY TOWER』

    一歩足を踏み入れると、まるでタイムスリップしたかのような別世界!日本の古き良き町並みが再現された「空庭温泉 OSAKA BAY TOWER」は、2019年に開業されたばかりの温泉型テーマパークです。館内着の浴衣に着替えたら、いざ!温泉へ!浴衣のまま浸かることのできる足湯や、約1,000坪の巨大な日本庭園、縁日なんかもあるので、湯舟に浸かるのが苦手な人でも十分に楽しむことができますよ。スパ、エステも充実しているので、旅の疲れを癒しに訪れてみてはいかがでしょうか? ※入館料(平日) 大人2,400円

     

    ムーディーな赤い観覧車

    一日の旅の終わりに、ぜひ立ち寄ってほしい夜景スポット「HEP FIVE」。屋上にある真っ赤な大観覧車は、大阪梅田のランドマークです。夜間にはライトアップがなされ、より一層ムーディーな雰囲気に。冷暖房も完備されているので、真夏、真冬でも安心安全。一周約15分です。 ※料金 6歳以上600円

     

    西日本にしかない高級ポッキー!『バトンドール』

    バトンドール」ってご存知ですか?これは、大阪に本社を置くグリコの代名詞・ポッキーの高級バージョン。大阪のグリコと言えば、道頓堀にあるグリコサインが有名な観光スポットになっていますよね。

     

    このバトンドールが手に入るお店は日本でわずか6店舗、全てが西日本にあります。そしてそのうちの半分、3店舗が大阪にあるんです。一箱5~6袋入りの個包装なので、お土産にもおすすめですよ!

     

    お得な周遊パス情報

    約40ヶ所の観光スポットの入場が無料!電車、バスが乗り放題!さらにお得な特典もついた、大阪を満喫するならマストバイ!な「大阪周遊パス」があります。関西国際空港、主要駅、観光案内所や、ウェブでの購入が可能。ウェブ購入の場合は観光案内所でのチケット引換が必要なので要注意。 ※利用できる電車、バス路線は限られます。 ※一日券 2,800円

     

    Language Information

    大阪観光局公式サイトは、中文を含め6つの言語に対応。街中には英語だけでなく、中国語や韓国語対応が可能な観光案内所もあるので、日本語が不安な人でも安心です。

     

     

    ライター:Sally
    【写真提供】
    Ⓒ (公財)大阪観光局


     

[登場人物・あらすじ]