日本の観光情報とマナールールを4コマ漫画で配信 マナルル

【千葉】大自然・海産物・レジャーなどなど盛りだくさんな勝浦

2021/03/29

勝浦の魅力をご紹介 皆さん、千葉県と言えば何が思い浮かびますか?えっ!?空港と、ディズニーランドと落花生?千葉県マスター(!?)はまだまだですね~。今回は千葉・勝浦の魅力についてご紹介します。勝浦は房総半島の南東部、太平 […]

    勝浦の魅力をご紹介

    皆さん、千葉県と言えば何が思い浮かびますか?えっ!?空港と、ディズニーランドと落花生?千葉県マスター(!?)はまだまだですね~。今回は千葉・勝浦の魅力についてご紹介します。勝浦は房総半島の南東部、太平洋に面しており、豊かな自然が残されています。東京駅からは特急わかしおで約1時間半。市内には17つの漁港があり、季節ごとに金目鯛、カツオ、サザエ、アワビ、伊勢エビなどさまざまな旬の味が楽しめます。

     

    さらに日本三大朝市の一つの勝浦朝市、太平洋ならではのダイナミックな絶景など、大人も子どもも大満足な見どころが満載です!読み終わるころには、勝浦に行きたくなっちゃうこと間違いなしですよ。

     

    高級食材も格安でゲットできる?伝統の朝市

    勝浦の代表スポットといえば、勝浦朝市!その歴史は、な、なんと400年以上!石川県輪島朝市「輪島の朝市」、岐阜県飛騨高山市の「陣屋前朝市/宮川朝市」と並ぶ日本三大朝市の一つなんです。

     

    勝浦駅から歩いて10分ほどの場所にあり、元日と毎週水曜日以外は毎日開催。時間は6時30分~11時頃までですが、比較的商品がそろっている8時までに行くのがおすすめです。朝市ではとれたての海産物や新鮮な野菜、お花やお菓子までそろっています。旬の季節には、伊勢エビなどの高級海産物もびっくりするほどの格安で手に入ります。わらび餅もおいしいと口コミでも評判ですよ。地元の方とコミュニケーションをとりながら、お買い物ができるのも魅力の一つ。一般的なスーパーとは、また違った楽しさがあっていいですよね!普段は遅起きのそこのあなたも!頑張って早起きして行かれてみてはいかがでしょうか?

     

    水族館かと思いきや…至近距離で魚を楽しめる『海中展望塔』

    写真だけ見ていると水族館のようですが…実は、実物の野生の魚たちなんです!「かつうら海中公園 海中展望塔」は海岸から沖合60mの場所に立つ展望塔(高さ24.4m、水深8m)です。海中も見られる展望台って、珍しいですよね!さまざまな魚たちの自然な姿を間近で見ることができます。勝浦は黒潮と親潮の接点にあり、海の生物が豊富な地域。時にはサメを見られることもあるのだとか!どんな魚に出会えるのかドキドキですね。

     

    海中の世界を満喫した後は、海上展望室へ。太平洋の水平線、鵜原理想郷や勝浦灯台などの景色を一望できます。大人も子どもも夢中になれる観光スポットですね!  通常入場料:大人980円 ※その日の海中の透明度により異なります。

     

    こんな数見たことない!『ひな祭り』期間に行きたいSNS映えスポットとは?

    ずらりと並んだひな人形!圧巻ですよね!勝浦では毎年2月から3月にかけて約2週間にわたり、「勝浦ビッグひな祭り」が開催されます。ひな祭りとは、3月3日に女の子の健やかな成長と健康を願う、日本の伝統的な年中行事。ひな人形や桃の花を飾ったり、ちらし寿司を食べたりする風習があります。イベント期間中、勝浦市内各所にひな人形が飾られますが、特に人気な会場が写真の「遠見岬神社」!皆さん、いくつ人形があるように見えますか?その数、なんと約1,800体!!石段60段に並んだひな人形が目にもあざやかですよね。夕方からはライトアップも行われ、幻想的な雰囲気になります。

     

    もともとは「勝浦」という共通の地名をもつ徳島県勝浦町のイベントだったそう。全国勝浦ネットワークを結んでいる縁から、千葉県の勝浦でも行われるようになったのだとか。遠見岬神社以外にも、勝浦市芸術文化交流センター、覚翁寺山門前なども人気会場です。SNS映えすること間違いなしですね!

     

    ダイナミックな景観!鵜原理想郷で絶景を眺めながらのハイキング

    「本当に日本!?」と思ってしまうほどの、迫力ある断崖ときれいなブルーの海ですよね。まさに絶景スポット!今回ご紹介する「鵜原理想郷」は絶景スポットとして知られている、美しいリアス式海岸です。こちらには、駐車場を起終点とした1周2,300mのハイキングコースも整備されています。少しアップダウンがあるので、軽装で行った方が動きやすいと思います。

     

    ハイキングコースには、いくつかの絶景ポイントがありますが、みんなで記念撮影をしたいのなら「手弱女平(たおやめだいら)」がおすすめ!モニュメントと絶景とで思い出に残る写真を撮影出来ちゃいます。「鵜原理想郷」では、与謝野晶子など古くから多くの文人墨客なども訪れ、数々の作品を残しています。思わず歌を詠みたくなってしまうほどの景観、ぜひ堪能してみてください。

     

    いつものタンタンメンとは何が違う?癖になるおいしさの勝浦タンタンメン

    日本行ったら食べたいものの1つが、ラーメンという方も多いのでは!?勝浦にもご当地ラーメンがあります。その名も…「勝浦タンタンメン」!!このたっぷりのラー油と醤油ベースのスープが特徴です。一般的なタンタンメンはゴマベースなので、珍しいですよね!具材はみじん切りの玉ねぎとひき肉が入るものが多いです。勝浦タンタンメンは勝浦の海女さん、漁師さんが冬の寒い漁の後に、冷えた体を温める料理として広まったのだそう。漁師町ならではのメニューですね!現在では勝浦市内だけでも30店舗以上のお店で提供しています。お店ごとに特徴が異なるので、いろいろ食べ比べをしてみても楽しいと思います。

     

    本当に千葉県!?海水の透明度が抜群の守谷海水浴場

    南の島のビーチかと思いきや…実は、千葉県にある房総半島の勝浦なんです!こちらの「守谷海水浴場」は、上総興津駅から徒歩約10分の海水浴場。エメラルドグリーンの海水が本当にきれいですよね!関東地方でこんなにきれいな海は、なかなか見ることができないです。海水の透明度は抜群!「海水浴場百選」 や「日本の渚百選」にも選ばれています。波穏やかなので、お子様連れでも安心ですよ。

     

    絶景スパ施設!大人から子どもまで大満足のアクアパレス!

    目の前に広がるオーシャンビュー!最高のロケーションですね!こちらの「勝浦スパホテル三日月」にあるアクアパレスは、お風呂とプールを楽しめるスパリゾートです。屋内外にさまざまな種類のお風呂やプールが用意されています。屋内もあるので、旅行中に雨が降っちゃった時にもおすすめ!まず、地上8階の屋外スパには、プール、天空露天風呂、めずらしい酒風呂や大理石風呂なんかもあります。太平洋を一望しながらお風呂にも入れるなんて贅沢ですよね。

     

    屋内施設は6階にあり、アクションスパゾーンとなっています。1周100mの水流浴プール、ジェットバス、うたせ湯など、約30種類のスパを一度に楽しめちゃいます。その他、エステや岩盤浴、レストランもあるので、ご家族連れやグループの方も一日中遊びつくせます。こちらの施設は水着着用ですが、なくても500円でレンタルもできますよ。18時以降は割引料金になるので、海水浴帰りに立ち寄ってもいいですよね。   日帰り料金(大人)   平日:1,000円、土日祝:1,500円、トワイライト(18時~)700円

     

    おつまみにもピッタリ!勝浦タンタンメン味スナック

    みんな大好き勝浦タンタンメン!ラーメンだけではなく、勝浦タンタンメン味のスナック菓子もたくさん販売されているんです。「勝浦タンタンメンチップス」(税込 324円)、「勝浦タンタンメンピーナツ揚」(税込 410円)、「亀田の柿の種 勝浦タンタンメン風味」(税込462円)などなど。スナックでも勝浦タンタンメン特有のラー油と玉ねぎ、豚ひき肉のうまみが再現されています。ついつい食べ過ぎちゃう美味しさです。ピリ辛なので、ビールのおつまみにもピッタリですよ!!ぜひお試しください。

     

    勝浦に行ったらまずはここ!観光案内所をご紹介

    旅行中、知っておくと便利な勝浦市内の観光案内所をご紹介します。まず、勝浦市観光協会に併設された「KAPPYビジターセンター」では、観光案内はもちろん、竹細工、リフレッシュウォークなどさまざまな体験教室も実施しています。市内観光に便利なレンタサイクルも(事前予約制)。その他、勝浦駅前・鵜原駅前・興津駅前にも観光案内所があります。定休日、営業時間はそれぞれ異なるので、ご注意ください。

    ・KAPPYビジターセンター
    千葉県勝浦市墨名815-56
    営業時間:8:30~17:15
    定休日:年末年始

    ・勝浦駅前観光案内所
    千葉県勝浦市墨名33-7
    営業時間:9:00~16:00(7・8月は18:00まで)
    定休日:年末年始

    ・鵜原駅前観光案内所
    千葉県勝浦市鵜原駅構内
    営業時間:9:00~16:00(7・8月は17:00まで)
    定休日:火・水・木曜日(7・8月は毎日営業)

    ・興津駅前観光案内所
    千葉県勝浦市興津307
    営業時間:9:00~16:00(7・8月は17:00まで)
    定休日:火・水・木曜日(7・8月は毎日営業)

     

     

    ライター:Pani
    【写真提供】
    勝浦市観光協会
    かつうら海中公園 海中展望塔
    熱血!!勝浦タンタンメン船団
    勝浦スパホテル三日月


     

[登場人物・あらすじ]