日本のマナーとルールの4コマ漫画を多言語で配信 マナルル

王様でもやってはダメ!それは一体……!?

2020/12/07

仕事が終わって、今日もゲームをする為に急いで帰りたいコメパパ。急ぐのは良いけど、周囲の人に迷惑をかけてはダメですよ。 執事マナのワンポイント解説 気にしてる?ドアの閉まる音 今回コメパパはドアの閉まる音がうるさくてマナさ […]

    仕事が終わって、今日もゲームをする為に急いで帰りたいコメパパ。急ぐのは良いけど、周囲の人に迷惑をかけてはダメですよ。

    執事マナのワンポイント解説

    気にしてる?ドアの閉まる音

    今回コメパパはドアの閉まる音がうるさくてマナさんに怒られていますね。皆さんはドアの音に気を付けながら開け閉めをしていますか?集合住宅など隣家が近い場所で育った人は、扉の開閉音が響くので小さい頃から意識的に音を気にしている人もいるでしょうし、中にはコメパパのように無意識的に大きな音を立てる人もいますよね。こういった自分が出してしまう生活音は習慣的で、ある意味癖のようなものです。ですから、知らず知らずのうちに他人に迷惑をかけている場合があります。それに、音に関しては迷惑と感じる大きさに個人差があるので、より配慮が必要です

     

    さて、日本では就職活動で面接の練習をする時、ドアの開閉の仕方は必ず練習します。社会人にとっては基本中の基本であるとともに、とても大切なマナーの一つとされています。勢いよくドアをバタンと閉めてしまうと、相手に失礼になってしまうので注意が必要です。特にビジネスシーンでは、ドアを開ける時も閉める時もゆっくりと静かにすることが求められます。

     

    習慣化した行動パターンは意識しないとなかなか直らないものです。公私問わず日常生活からドアの開閉音には気を付けたいですね。

     

    ちなみに「うるさい」は漢字で「五月蠅い」と書きます。五月は気温が20℃くらいで、ハエが一番活発な時期と言われています。五月のハエが年間を通して一番うるさいことから、このような当て字になりました。面白い当て字ですが、「五月蠅い人」なんて言われたくないですね~。

[登場人物・あらすじ]