日本のマナーとルールの4コマ漫画を多言語で配信 マナルル

商談の決め手はネイルにあった!?これぞコメ歌劇団の元トップスター!

2020/11/30

大きな商談を控えているコメパパのお仕事を手伝うことになったコメママ。会社に向かう前に身だしなみを整えたようですが、気合を入れすぎてしまったようですね。 執事マナのワンポイント解説 指先のおしゃれはほどほどに 世界中の多く […]

    大きな商談を控えているコメパパのお仕事を手伝うことになったコメママ。会社に向かう前に身だしなみを整えたようですが、気合を入れすぎてしまったようですね。

    執事マナのワンポイント解説

    指先のおしゃれはほどほどに

    世界中の多くの女性が楽しんでいるネイル。コメママもネイル好きの一人のようですね。爪の先まできれいになって、仕事をしていてもそのきれいな爪が見えるだけでテンションが上がるなんて声もよく聞きますよね。年々ネイルの需要は高まってきているので、「ネイル自由」なんていう求人も見かけるようになりました。また、メンズネイルという言葉があるように、男性の間でも爪をきれいに保つ人が増えてきました。

     

    さて、ネイルと一言で言ってもその種類やデザインは無限のようにあります。職種にもよりますが、多くの会社ではシンプルなネイルはOKとされています。基本的にコメママのような派手なネイルはビジネスシーンで目立ちすぎてしまうため控えるべきですね。また、爪が長いと誰かを傷つけてしまう恐れがあるので、人と直接触れる仕事をしている人は特に注意が必要です。身だしなみの規定は会社によって様々なので、マナーを守ってネイルを楽しみましょう。

     

    ちなみに、日本では爪で有名な言葉があります。それは「能ある鷹は爪を隠す」ということわざです。これは「すぐれた才能や実力のある人は、それをむやみに誇示しない」という意味です。魅力だけではなく実力で商談が成立するといいですね~。

[登場人物・あらすじ]