日本の観光情報とマナールールを4コマ漫画で配信 マナルル

アーティスト必見!ドアのノックは丁寧、穏やかに

2020/09/07

日本文化を経験する為、日本の会社で働いているコメパパ。今日は大事な会議の日ですが遅れて到着したようです。部屋は「会議室B」で間違いないのですが… 執事マナのワンポイント解説 ドアのノックの回数は? あなたの国ではノックの […]

    日本文化を経験する為、日本の会社で働いているコメパパ。今日は大事な会議の日ですが遅れて到着したようです。部屋は「会議室B」で間違いないのですが…

    執事マナのワンポイント解説

    ドアのノックの回数は?

    あなたの国ではノックの回数はそれぞれ何を意味しますか?国際基準では、トイレは2回、親しい間柄の場合は3回、ビジネスや礼儀が必要な場合は4回のようです。

     

    実は日本ではほとんどの場合、2回ノックすることが習慣化しています。国際基準のように4回ノックする人はほとんどいないのではないでしょうか。しかし、ビジネスや面接時などは3回ノックするというのがマナーです。2回のノックで失礼だと感じる相手も中にはいるので、気を付ける必要があります。また、ドアをドンドンと大きな音でノックしてしまうと、相手に不快な印象を与えます。ノックが早すぎるのも落ち着きがないように聞こえてしまいます。ノックはゆっくりと相手に伝わりやすいようにしましょう。

     

    コメパパのようにすでに会議が始まっていて、かつドアが開いている部屋に入室する場合はどうでしょうか。その場合は、開いているドアを3回ノックして入室するのがマナーです。みんなの視線を一気に浴びてしまうので、ちょっとドキドキするかもしれませんね。

     

    ちなみに、日本の和室に入室するときは、ドアではなく襖(※1)ですよね。襖の場合、ノックはマナー違反です。入室する際は「失礼します」と声をかけてから、段階的に襖を開けて入室します。日本式のやり方って面白いですね。おもてなしが有名な和倉温泉の「加賀屋」に宿泊するとこういった作法が見られるかもしれませんよ。

     

    ※1・・・襖とは和室の扉や仕切りのことを言います。

[登場人物・あらすじ]