日本の観光情報とマナールールを4コマ漫画で配信 マナルル

宿泊施設でスメルハラスメントはご遠慮ください

2020/08/17

大好きな松子さんと一泊二日の京都旅行。まずはチェックインをして、あれ…二人っきりになれると思ったのに… 執事マナのワンポイント解説 匂いは思い出に残る スメルハラスメントって聞いたことありますか?これは和製英語なのですが […]

    大好きな松子さんと一泊二日の京都旅行。まずはチェックインをして、あれ…二人っきりになれると思ったのに…

    執事マナのワンポイント解説

    匂いは思い出に残る

    スメルハラスメントって聞いたことありますか?これは和製英語なのですが、スメルハラスメントとは、匂いによって他人に不快感を与えることを言います。具体的には強い体臭や口臭、過剰な量の香水など身体から発せられるにおいを指します。よほど匂いに鈍感な人でなければ、誰でも他人の匂いを感じたことがあると思います。

     

    松子さんの場合はお香の香りをお部屋で楽しみたいようですが、自分が好きな匂いが、必ずしも他人もそう感じるとは限りません。それに、高級ホテルでは独自のお香を焚いて、空間を演出しているところもあります。そのような場所で、さらに違う匂いが混ざってしまうと、本人は良くても他人が快適に過ごせなくなってしまいますよね。

     

    最近では部屋数も少なくなりましたが、喫煙できるお部屋はタバコの匂いが壁やカーテン、絨毯に染み付いてすごくキツイにおいがすることがあります。匂いって結構残ってしまうものですよね。これでは、ホテル側も消臭対策が大変です。匂いは目に見えず、自分では気づきにくいものなのです。ですので、他の方も利用するホテルの客室や公共の場では、さらに配慮が必要です。

     

    匂いは思い出に残るものです。この匂いを嗅いだら、「あの時のあの場所を思い出すな~」なんてことが誰にでもあると思います。その匂いの思い出が良いものになるように、スメルハラスメントには気をつけましょうね。

[登場人物・あらすじ]